オオサカ堂で購入してみたんだけど・・・(個人的記事)

医薬品の個人輸入とは、海外メーカーの医薬品を消費者自身が直接購入する方法です。
薬事法にて、輸入者本人が利用することを前提に、日本における処方箋要薬なら1か月分まで、処方箋不要薬なら2か月分までまとめて輸入することが認められています。
よって合法的な手段です。

医薬品の個人輸入を行う際には、個人輸入代行サイトを介して購入するのが一般的です。
個人輸入代行サイトは一見、通常のネットショッピングサイトと変わりなく、また購入方法もネットの通販と同じシステムですので難しくはありません。
ただ正確に言えば、個人輸入代行サイトはネット通販とは異なります。
消費者は当該医薬品を個人輸入代行サイトからネットショッピングの要領で購入手続きを済ませ、代金を支払います。
すると、代行業者が海外メーカーへ当該医薬品の発注を行い、注文した医薬品は海外から消費者の住所へ直接配送される仕組みです。
つまり、個人輸入代行サイトは消費者と海外メーカー・業者を繋ぐ仲介業者のことです。

これで外国語が分からない日本人でも簡単に個人輸入を利用することができます。
さて、個人輸入は何のために行うのでしょうか。
個人輸入では、日本では認可されていないため国内では購入できない薬、認可はされているけど病院でしか処方してもらえない薬を処方箋不要で購入することができます。
また、同じ薬でも医師に処方してもらうよりも個人輸入の方が安く購入できるという利点があるため、医療費負担を抑えたい方もよく利用しています。
今は日本の財政が悪化しており、これからの医療費負担はバカになりません。
そのため、個人輸入を利用して自分で医療費負担を抑えることを考えていかなくてはならないでしょう。
個人輸入代行サイトで扱う医薬品は、正規メーカーなのはもちろん、各種ジェネリック医薬品も多数取り扱っています。

しかし代行サイトも探してみるといくつか見つかり、どこのサイトがいいのか迷ってしまうでしょう。

オオサカ堂は2014年時点で17周年を迎えた大手個人輸入代行サイトです。
10年を超える実績があり、尚且つ今では医師から注文を受けることもある、病院御用達の個人輸入代行サイトなので安心して活用してもらえます。
ちなみに、ネット購入になるので人には知られたくない医薬品も抵抗なく購入でき、もちろん梱包にも配慮しているため中身を誰かに知られる可能性はありません。
さらに、1ポイント‐1円でポイントが貯まり、1000円以上の購入時に100ポイント単位で使うことができます。

ポイントの有効期限はポイント確定日から1年間有効ですので、継続的に個人輸入で医薬品の購入を検討している方には嬉しいシステムでしょう。
また、6か月毎の購入金額に応じてランク分けされ、一般会員、ブロンズ会員、シルバー会員、ゴールド会員、プラチナ会員の順に付与されるポイント率がアップしていきます。

Comments are closed.